なかなかコロナ禍が収束しないですね。

コロナ禍になってから、対象者の動きが鈍くなっているのか、調査に入っても動かないことが増えたように思います。

依頼者からすれば、動かなければ費用が余分にかかってしまいますから「早く動けよ」といった気持ちなのではないかと思います。

早く収束すると良いですね。

今日はご相談も少なくない探偵トラブル(探偵被害)はどういったものが多いのがお話ししたいと思います。

* 悪徳探偵の被害もご参考にしてください

悪徳すぎる!悪質な探偵被害の実情と対処法【トラブル事例付き】

悪質な探偵被害について正しく知り、探偵事務所へのご依頼が失敗しないためにまずはお読みください。

探偵に騙されるって

探偵に騙されるっていったいどういうことなんでしょうか?実際にご相談をいただいた内容を下記に書いてみます。

  • 途中で連絡がつかなくなった
  • 前払いで払ったが結果を報告してもらえない
  • 報告書が貰えない
  • 写真が貰えない
  • 契約したことを警察に言わないように言われた
  • 次から次へと追加料金を請求された
  • 探偵業の許可証を見せてもらえない

ざっと書いて見ましたが、とてもひどい内容です。でもこれらは実際にあった探偵被害です。

報告書や写真がなければ何のための依頼かもわかりません。ましてや前払いで払ってから連絡がつかなくなるなんて、もう詐欺だと思うんですが。

探偵に騙された依頼者は、結果を得るために他者に依頼される方も少なくありません。

その分余分に費用がかかってしまいます。

探偵に騙されないために

探偵に騙されないために出来ることとして、ざっくり下記に書き出してみました。

  • 探偵業の許可を確認する
  • 出来たら前払いはさける
  • 契約はその場の感情でしない
  • 何社か相談に行ってみる
  • 報告書の有無を確認する
  • 契約内容をサインする前に確認する
  • 事務所に行く
  • 料金やオプションを事前に確認する

だいたいこんな感じでしょうか?

実際に探偵事務所に相談に行くと、「今すぐ調査しなければ」などと煽られたり、契約を強引に勧められたり、数人に囲まれたりすること(実際にあった話)もあります。

そんな場合でもすぐに契約せずに一度持ち帰ったり、何社かに相談に行ってみてください。

もし、探偵被害にあったなどありましたらいつでもご相談ください。

それでは、また。

Follow me