夫から離婚を迫られてます、もしかしたら浮気?かもと疑っています

離婚を迫ってくる夫の相談事例

浮気しているかどうかの確証や証拠はありませんが、今まで普通に生活していたのに、急に離婚したいと言ってきたました。もしかしたら他にいい人(浮気)ができたのかもと疑っています。

もし、浮気していたら浮気相手に慰謝料請求をしたいと考えています。その場合の調査方法や、だいたいの費用などを教えてください。

横浜市に住む30代の女性からご相談をいただきました。

ご相談内容

ご相談者は結婚5年目で、まだ小さいお子さんが一人おられました。夫婦ともに仕事をされていて、日中はお子さんを幼稚園に預けられていて、ご相談者が送り迎えを担当されていました。

ご相談者は、お子さんを寝かしつけるため寝るのが早く、一方でご主人は帰宅時間が遅い日が多かったようです。でも休日は家族そろって出かけることが多かったようで、平日はすれ違いが多くても、夫婦関係は良好だと思われていました。

そんなある日、急にご主人から離婚したいと言われたようです。理由を聞いても、ただただ離婚したいと答えるばかりばかりだったようです。そこで友人に相談すると、浮気が本気になったんじゃないと言われてから浮気を疑うようになり、横浜市内で探偵事務所を探されたようです。

対象者の行動パターンを浮気日記につける

休日は家にいることが多いため、平日に調査をすることとしましたが、ただ闇雲に浮気調査をおこなうと予算がオーバーするので、二週間のご主人の帰宅時間や、言動などをメモしてもらうようにお願いしました。

※対象者の行動を読み解いていくには、日々の観察が大切です。日記と聞くと何を書けばいいかわからないと思います。例えば、簡単に出退勤時間を書きとめておいたり、夫(妻)から聞いた予定を書いておくだけでも大丈夫です。

浮気調査の流れと、だいたいの費用感について

ご主人の動きを見ると、二週続けて週初めが比較的帰宅時間が遅いことがわかり、その中でも過去のLINEの履歴を見ると、会社の飲み会で遅くなると連絡が来た日は、他の日に比べて終電近くになることが多かったようです。

浮気調査の流れ

PM 18:00

ご主人の退社時間から調査を開始

事前調査(無料)でご主人の容姿は確認しておいたので、ご相談者に調査当日のご主人の服装だけ確認していただき、退社時間から調査を開始する。

PM 18:45

ご主人の退社を確認する

終業時間を少し過ぎたころ、会社から出てくるご主人を確認し尾行を開始する。

PM 19:30

女性と接触する

ご主人は、電車で数駅移動し駅前の喫茶店に入ると、一人で座っていた女性と合流する。その後二人は近くの飲食店に入る。

PM 21:00

ご主人と浮気相手がホテルに入る

居酒屋を出ると、二人は近くのラブホテルに入る。

PM 23:00

ラブホテルを出て、浮気相手と別れる

ラブホテルから出ると、近くの駅でご主人は女性と別れたので、ご主人の監視体制を解き、女性の自宅を調べるために尾行する。

AM 24:00

浮気相手宅が判明し、浮気調査を終了

女性がマンションの一室に鍵を開けて入るのを確認する。集合ポストや表札を確認し、正確な住所を調べて調査を終了する。

調査時間:6時間 調査料金:61.600円(5時間プラン+1時間延長) 経費:1.000円(電車代)

予算に限りがある方へ

予算に限りがない方は、毎日でも証拠が撮れるまで浮気調査をやることができますが、そういった方は少ないと思います。

だいたいの方が、予算が決まっており、その中で証拠を撮ることを望んでおられると思います。ピアレス探偵事務所では、なるべく予算内に収まるように、調査計画を練ったり、下調べをしゅうぶんに行うようにし、最短日数で証拠が撮れるようにしています。

更新情報をチェック

ご相談はこちら

浮気や不倫のことで悩んでいませんか?誰かに話すことで楽になることもあります。まずはこんなことは相談してもいいのかなと思わず、どんなことでもお気軽にご相談ください。(24時間受付)