夫が別居先に浮気相手を連れ込んでいるので、浮気証拠を撮ってください
40代の女性から

夫が離婚したいと言い出し少し前から別居をしています。
夫は浮気は認めませんが、浮気しているのは間違いなくて、別居先に浮気相手を連れ込んでいると思います。まだ離婚したくないので証拠を撮って欲しいです。

と横浜に住む40代の女性からご相談。

ある日突然「離婚したい」といったケースはよくあります。
それもご主人側からが多いように思います。

でも、調べてみると浮気相手がいるといった結果になることがほとんど。
男性は浮気相手に入れ込み、何も考えずに突き進んでいくことが多いんですかね。

大切な家族がいるのに…

浮気調査の目的

  • 夫から離婚できないために浮気の証拠の入手
  • 浮気相手への制裁(慰謝料請求)
  • 自分自身の結論を出すための時間の確保

突然夫から離婚を言われ、ご自身で結論が出ていないため考える時間の確保をしたい。
そのために、夫から離婚できないためにするために浮気の証拠を撮りたい。

それと、浮気相手がいるなら浮気相手への制裁(慰謝料請求)も行いたいとのことでした。

浮気調査前の下調べ

今回のご依頼は、ご主人の別居先は出入口1つのマンションということでした。
そこで待ち構えての浮気の証拠撮りでしたので、調査員1名でも対応可能と判断しました。

まずは浮気調査を実施する前に実際に現地に行き、
付近の状況や証拠撮りのためのカメラの選定などを行いました。

もし今ある機材で撮影が困難な場合は、新たに機材を改造しなければなりませんので、
事前調査は意外に大切だったりします。

これを怠ると、調査を開始してから撮影できなかったなどとなりかねません。

また近隣の状況によって、張り込みする場所の選定や、張り込みが困難な場合の対策も、この事前調査で確認したりします。

浮気の証拠撮り

浮気相手が立ち寄りそうな日(過去の行動や休日などを考慮して)を浮気調査の実施日を決めて、
実際に浮気調査を開始します。

今回の浮気調査は、対象者と浮気相手が入退室する場面を中心に撮影していきました。

※部屋への入退室を撮影する場合は、外部から見えることが条件になります。

もし、マンションの敷地内などから無理に撮影すれば不法侵入なります。
それどころか証拠としては使えないもの(違法行為で撮影したもの)になりかねません。

裁判証拠にするには、外部から玄関が見えないところではマンションのエントランスへの出入りする姿の撮影になります。

※エントランスだけだと言い逃れされたりするかもしれないので、
下記の尾行調査などを行うことにより、より証拠としてつよいものにしていきます。

ツーショット写真も撮っておこう

会社帰りに浮気相手と接触してそうな対象者は、尾行することによりツーショット写真を撮ることも可能です。

出入りの証拠写真だけよりは、2人の雰囲気がわかるような写真もあった方が、証拠としては良いと思います。

部屋の電気の確認も大切

外部から部屋の様子(電気がついているかどうかなど)が確認ができない場合は仕方ありませんが、確認できる場合は、2人が入室してから電気が点いているかを確認し、証拠として撮影を行います。

夜間限定になりますが、もし部屋の電気が消えていれば不貞が予測できますので大切な撮影ポイントになります。

過去にはベランダで浮気相手がタバコを吸っていたといったこともありましたので、外部から確認できる範囲はすべて確認及び撮影します。

証拠は何日必要

証拠の回数は、浮気相手の滞在時間や、日中なのか夜間なのかによって変わってきます。

部屋へ出入りの場合は、言い訳もしやすいため、調査の状況を見極めながら決めていくのと、法律事務所に相談(無料相談でも可)しながら決めて、言い訳ができないようにしておいた方が良いと思います。

言い逃れされないためには

過去には、浮気相手宅に日中の数時間立ち寄る対象者がいましたが、ご依頼者の判断で1回だけの撮影だと、「友達のところに立ち寄っただけ」と言い訳され、実際にその言い訳が通り離婚ができなかったことがありました。

なので、確実に言い逃れされないためには、余分に1日2日は証拠をおさえておいた方がよいでしょう。

まとめ

別居先や浮気相手宅に立ち寄り密会しているような場合は、待ち伏せするか、尾行調査から出入りの撮影を行うかの調査方法になります。

こういった自宅に出入りする場合は、ラブホテルに出入りするよりも、浮気の証拠として弱くなる場合があるので、調査中にできる範囲で言い逃れができない調査方法で調査を行わなければなりません。

もしこういった状況でお悩みの場合は、詳しく聞くことにより様々な調査方法がご提案できますので、お気軽にご相談ください。

Follow me