自分でも浮気の証拠を集められますか?

浮気調査を依頼するとそれなりに料金はかかります。でも自分で浮気の証拠が集められれば、浮気相手に慰謝料請求や離婚を優位に進めることができます。

また証拠が撮れなくても、いくつかの証拠を組み合わせることにより、確固たる証拠になる場合があるので、費用を抑えたい方などは、自分で証拠集めをやるのも一つの方法です。

不貞の証拠とは?

不貞行為とは、男女が性行為(肉体関係)をしているところを確認または推認できるものが証拠になりますので、もし自分で浮気の証拠を集めるなら、そういった場面を撮影しなければなりません。

離婚(修復)と不貞行為

パートナーが浮気をしていて、それが原因で離婚する場合には、そのパートナーが不貞行為をしたということを立証しなければ離婚請求が却下(離婚するにも理由がいう場合がある)されることもありますので、不貞行為の証拠は自分が置かれている状況によってはとても大切なものになります。

また離婚したくない、離婚は自分のペースでしたい方は、パートナーに不貞行為がある場合は、相手からの離婚請求は通りづらくなりますので、この場合も不貞の証拠があった方が良いといえます。

不貞行為の証拠

パートナーが浮気相手と性行為(肉体関係)をしているところを確認することはなかなか難しいので、肉体関係が推認できるような以下の証拠が必要になってきます。

  • ラブホテルへの出入り
  • ホテルへの出入り
  • 浮気相手宅への複数回の出入り

浮気の証拠としては厳しいもの

これだけでは不貞を立証するのは厳しいものですが、あることにより他の証拠がより強いものになる場合があります。

  • メールやLINEの履歴
  • 発着信履歴
  • 手紙やメモなど
  • スイカ(パスモ)などの交通履歴

自分で浮気の証拠を集める方法

自分で浮気の証拠を集めるには時間もかかり、とても辛い日々を過ごさなければならないかも知れません。でも浮気の証拠があれば必ずあなたのためになりますので、無理はせずに慎重にしてみてください。

自分で尾行してみる

闇雲に尾行するよりは、あやしい日を絞って尾行してみましょう。尾行方法は、相手に見つからないように慎重に尾行をしていきます。相手に気づかれないように雰囲気(服装や髪形など)を変えて、目立たないように距離をあけて、必要な場面は撮影しておきましょう。

尾行中に探偵がやっていること

  • 対象者の動いた経路などを分単位で撮影
  • 立ち寄り先などもすべて撮影
  • 浮気相手と接触した場合は、顔写真や二人の雰囲気を撮影
  • ホテルに入れば、出入りを証拠になるように撮影
  • 相手と別れたら浮気相手の住んでいるところを調べる

尾行するときに気をつけること

過去に自分で尾行してバレた方をたくさん見てきましたが、共通して言えることは、どんなに変装していても雰囲気が変わっていないことからバレてしまっていることです。普段一緒に居るパートナーですから、離れていても雰囲気で分かるものですので、もし尾行するなら自分の雰囲気を変えなければなりません。

日々の行動日記をつける

パートナーの日々の行動や、毎日の出勤帰宅時間などをメモしておくと、特定の曜日の帰宅が遅かったり、あやしい日の前日のパターンなどパートナーの行動パターンがわかるかもしれません。

※日記もつけておく

日々の自分の心境や、話したことなどを日記につけておくと、調停や裁判になった場合に状況を伝えやすくなりますので、浮気日記はつけておくと良いでしょう。

衣類を確認する

相手の洋服ダンスをチェックしてみてください、もしかしたら新しい洋服や下着などが見つけられるかも知れません。またあやしい日に必ず着ていく洋服や下着がわかるかも知れません。

財布の中

財布の中にあるカード類(ホテルの会員証を入れている対象者もいる)のチェック、レシートはどこのお店のものか?そこで購入しものなどをチェック、飲食店などのレシートは人数、入店時間なども確認しておきましょう。

メールや通話履歴

スマートフォン(携帯電話)を確認できる時は、相手とのメールのやりとり、ライン(LINE)でのやりとり、発着信、SNS、アルバムなどを確認しておきましょう。

相手にあやしまれずに時間がある場合は、名前を同性に変えてやり取りしている可能性があるので、内容もチェックしてみましょう。

また中にある予定表などを確認してみると、もしかしたらあやしい日に印がついているかも知れません。

※もしかりたらフェイスブックのメッセンジャーなどで浮気相手とやり取りしているか可能性もあるので、アプリなどもチェックしておきましょう。

パスモやスイカの利用履歴

普段電車を使用する対象者は、スイカやパスモといったICカードを持っていると思います、そのカードの履歴をチャックしてみてください。

もしかしたら自宅と会社の往復以外に、頻繁に立ち寄っている駅がわかるかも知れません。

通帳の取引履歴

銀行または郵便局の通帳がある場合は、取引履歴を確認してみましょう、お金の出し入れなどから行動が予測できることがあります。

クレジットカードの明細

浮気をしている場合は何らかの形で支出が多くなるものです、もしかしたらカードを切っているかも知れないので、明細が届いたら細かくチェックしてみてください。

パソコンの履歴

ご自宅にパソコンがある場合は、インターネットの閲覧履歴も確認してください。もしかしたら行こうとしている場所(お店や、旅行など)を検索しているかも知れません。

またメールソフトを開いて受信メールの確認、写真などの確認もしておいてください。

車内を確認する

車内ではシートの位置や、カーナビの履歴・軌跡、灰皿の中などを確認してください、またETCがついている場合は履歴も確認してみてください。

ICレコーダーの活用

ICレコーダーは車内のシートの下や、ご自宅内などに仕掛けてみると、もしかした浮気相手と電話中に名前を呼んでいたり、会う約束をしていたりなど、思わぬ情報が録音できることがあります。

ICレコーダーは家電量販店に行けば長時間録音できるものがあります、またインターネットなどでも小型のものもありますので、仕掛けたい場所にあったものを選んで使用してください。

GPSを利用する

相手が車をつかうなら、GPSを使って行動を監視するのも一つの方法です。もし車がラブホに停まっているのを確認できたら、ご自身などで向かって撮影できると不貞の証拠になります。

浮気の証拠を見つけたら写真撮影

ご自身で見つけた携帯の履歴や、レシートなどであやしいものは、必ずデジカメなどで写真撮影しておいてください。撮影しておかないと見つけたものは意味がなくなります。

※相手の携帯電話から見つけたものをけっしてご自身に転送はしないでください。

浮気の証拠が集められたら

相手への慰謝料請求や、離婚請求をする方などは、まずは依頼するのではなく法律事務所(弁護士や行政書士)へご相談することです。

法律事務所へ行く際に集めた証拠を持ち込み、不貞の証拠が有効かどうかや、今後の流れなどを確認してください。

相談方法はご自身で法律事務所探し相談するか、友人・知人などの紹介や市町村で行われている無料相談、法テラスを利用するなどの方法があります。

証拠が不十分でもあきらめない

浮気の証拠を集めてみて核心にはいたらなかった場合でも、集めた情報はもし探偵事務所へ依頼する場合にはとても活用できるものになります。

また情報があるからこそ浮気調査の費用を押さえることに繋がることもありますので、浮気の証拠が得られなくてもけっしてあきらめずに一度ご相談ください。

まとめ

  • 間接的な証拠は調査料金を抑えれることもある
  • 他の証拠と組み合わせてより確固たる証拠になることもある
  • 不貞の証拠を見つけた場合は必ず写真撮影しておく
  • 不貞の証拠を見つけた場合は一度法律事務所に相談してみる

浮気調査の料金を抑えれたり、他の証拠と組み合わせることにより強い証拠になることもあります。

ただご自身で動き証拠を集めるのはけっして楽なものではないですし、何日もかかるかもわかりません。もし一人では辛くてどうしようもなくなった時は、私たち探偵に活用ください。

無料相談・お見積り

誰かに話すと楽になることもあります。まずはこんなことは相談してもいいのかなと思わず、どんなことでもお気軽にご相談ください。